SSブログ

ツール・ド・NIKKO その06 鬼怒川公園野外ステージAS編 [ツール・ド・NIKKO]

かたくりの湯ASまでのレポートでは
かなり不満を爆発させてしまいました。
かたくりの湯を超えると、
快適なロングライドが始まります。

極端に言えば、ツール・ド・日光のスタートラインは
22km地点のかたくりの湯と思ってもいいくらいです。

次のエイドステーションは、以下の通り。
0km スタート
22km かたくりの湯AS
38km 鬼怒川公園野外ステージAS
47km 川治温泉ふれあい広場SS
65km そば処 ひなたAS
76km 大笹牧場AS
100km ゴール

47km地点の川治温泉は、ASではなくSSとなっていて、
公式サイトのマップには載ってないASになりますね。
当日配られた小型マップには載っていました。

SSが何の略かは不明。
ショートストップかスモールストップでしょうか。
鬼怒川からひなたまでの距離が長すぎるために、
間をつなぐ意味で設けたそうです。
(川治温泉ASのスタッフ談)

とりあえず今回はかたくりの湯を出発して、
鬼怒川公園野外ステージASへ向かいます。




鬼怒川温泉まで


DSC06066.JPG
そういえば、前日の曇り空と違って、
この日はとってもいい天気。
それでいて暑すぎるわけでもなく、
まさにポタリング日和。



鬼怒川有料道路


DSC06217.JPG
ちょっと遠くて見えにくいですが、
鬼怒川有料道路のゲートです。
wipipediaによると、軽車両の通行料は50円らしいですが、
この日は無料で通過です。


DSC06221.JPG
有料道路だけあって、快適なサイクリング。
全長とは言え1.7kmしかないので、
すぐに有料道路区間は終わりです。


DSC06238.JPG
有料道路はここまで。
左上に有料道路終点の看板が見えます。



DSC06239.JPG
有料道路が終わったら、
立体交差的に270左折して(結局右折)、
鬼怒川温泉街へ向かうことになります。



温泉街


DSC06258.JPG
鬼怒川温泉へは一度来たことがありますが、
自転車で通るのは初めてです。
川を中心とした温泉街で、
それほど密集した感じも無いので
圧迫感がありません。

それは逆に凝縮感に欠けるという事になるので、
the 温泉街、という雰囲気を味わいたい人は、
別の温泉を選んだ方がいいと思います。




鬼怒川公園野外ステージ


DSC06287.JPG
鬼怒川温泉の中心地を抜けると、
すぐにエイドステーションに到着です。
鬼怒川公園野外ステージとは一体何なのか。




ステージ


DSC06295.JPG
なんじゃこりゃ?


DSC_1197.jpg
そうか、ドーム型のステージになっているんですね。
緑に映える白いドーム型ステージの前には、
よく見ると中華カーボンミニベロ号がいます。




補給


DSC_1198.jpg
その脇ではエイドステーションのテントがあります。
らっきょうなどもありましたが、
ここのメインは何と言っても、

DSC_1200.jpg
これ、ゆばむすびでしょう。
鬼怒川というよりも日光というイメージのゆばむすびですが、
ロングライド中はそんなのどうでもよいのです。
ゆばむすびは、とってもおいしいのですが、
ご飯による炭水化物(糖類)と、
ゆばによるたんぱく質が摂取できるのもありがたい。
そしておいしい。
(大事なので2回書きました)



再びステージ


DSC_1203.jpg
そんなゆばむすびを食べていると、
奇跡的にステージ前の自転車が捌けていくという現象発生。
その瞬間を捕らえて撮影。
なんかステージを独り占めしたような贅沢を感じられました。

さて、次回は川治温泉ふれあい広場SSです。

スポンサーリンク



***** ツール・ド・NIKKO2014 目次 *****
その01 輪行編
その02 いろは坂ヒルクライム前編
その03 いろは坂ヒルクライム後編
その04 スタート編
その05 かたくりの湯AS編
その06 鬼怒川公園野外ステージAS編
その07 川治温泉ふれあい広場SS編
その08 橋からの絶景編
その09 そば処ひなたAS編
その10 大笹牧場AS編
その11 六方沢編
その12 ゴール編
その13 帰路編
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます